忍者ブログ

松風焼き

2017/05/29  カテゴリー/ごはんもの

 
本日のメニュー
 ごはん
 白菜としめじのみそ汁
 松風焼き
 きんぴらごぼう
 牛乳

 肌寒い、というよりも寒かった1週間が過ぎ去り、今日は久しぶりに気温も上がって初夏らしい1日となりました。蝉の声なんかも聞こえてきていて、なんだか例年よりも早いような気もします。
 さて、今日のみそ汁の具は白菜としめじ、そして人参。人参が入っていたからか、みそ汁の色がいつもより黄色が濃い、というか鮮やかというか…。そんな鮮やかなみそ汁の中に白い白菜としめじが浮いていると、さらに鮮やかに感じられますね。そして甘みも感じられる、そんなお味噌汁でした。
 おかずには松風焼き。さてこの松風焼き、なぜ「松風焼き」という名前なのでしょうか…?調べてみると、元々は京都の定番和菓子の「松風」に似ているから、という事の様です。この松風という和菓子、白みそが入っていて、見た目がカステラのようなものなんだそうです。そして、表と裏を見比べてみると、裏の方が色が薄く、「裏の色が薄い」→「裏の色が寂しい」→「裏寂し」→「浦寂し」となり、日本の古典文芸で浦寂しい海岸の情景を表す言葉である「松風」の名がつけられたんだそうです。
 その松風に似ているから「松風焼き」という名になったとおいうこのおかず、ひき肉やすりみに、玉子や調味料を混ぜ、表面にけしの実や青のり、白ゴマなどをまぶして焼いたもののことなんだそうです。ハンバーグのような食感と白ごまの香ばしい香りが食欲をそそる一品です。
 もう一品はきんぴらごぼう。しゃきしゃきの食感と甘じょっぱい味付けがご飯にもよく合います。
 今日もお腹いっぱい、ご馳走様でした!

(文責:すずき)
PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字